RSS | ATOM | SEARCH
十三詣り
『知恵を授かる十三詣り』

こんな記事を見ました?


知らなかったので、調べてみました。

『子供が数えで13歳になる節目の歳に、 虚空蔵菩薩(こくうぞうぼさつ)を 参拝して知恵と福徳を授かる伝統行事』

旧暦ではありますが、

本日、3月13日だそうです。

(因みに、現在は特定の日付はないそうです。)

「13」にこだわる理由は?

・13歳とは干支が一回りし、最初に厄年として厄除けをする年齢。

・男子13歳とは、昔は、「若衆組」に入るなど、社会の一員となる年齢。

・女子13歳とは平安時代から大人の女性な仲間入りをする「髪上げの儀式」が行われた年齢。

このように13歳とは、古くから子供が

大人になる、ひとつの節目の年齢と

言われてきたそうです。

自分の13歳のころを思い出すと?

野山川で遊んでいたことしか

覚えていません。

が、

改めて子供(孫も)の成長と活躍を

祝って今日一日過ごしてみます。




願いを込めている顔ではありませんが、

今日は、13日の金曜日でもあるなあ〜

by shin
author:めがねカントリー, category:店主のひとりごと, 10:53
comments(0), -
Comment